読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言いたいことも言えないこんな世の中じゃ

言いたいことを言いたいように言うブログです。

はてなブログはじめました

ずっとアメブロだったけど、UIに飽きてきていたこともあって乗り換え。

オタクなことだったりそうじゃないことだったり、色々思うことができたら書きにきます。

基本的には声オタなので、アニメのことでもなんでも声オタ目線からになりがちです。

仕方ない。

しかも若手にはちょっと辛口め。声オタBBAですみません。

 

※一応…

二次元ほも大好物です。

ほも語りも多いと思います。

そういう記事にはタイトルにちゃんとBLって書くようにします。

 

 

とりあえずまず今書きたいのは、

先日、ようやく録画してあった声優総選挙見ました!

テレビ局の企画だから、人選にとても作為を感じますと思いながら見ていたんですが、ランキングには少々納得いかないところがありつつもやはり大御所声優のみなさんはすごい。

演技力もそうだし、お芝居に対するスタンスだったり作品に対する姿勢だったり、今の若手とは根本的に違うところがあるなぁと感じました。

かつて声優というのは、声優になろうと思ってなるものではなくて、役者をやっていてたまたま声優をやってそのまま声の演技が専門になった、という方が多かったと思います。実際そうだったって話も聞きます。

だからまず声優という職業に対する思いや向き合い方も違うんだと思うんです。

長く第一線にいる方々は「お芝居」というけど、若手は「演技」というのも、そういう違いかなって。

別にそれが良いとか悪いとかそういうのはないけれど、なんですかねぇ…ここ最近の声優のタレント化に私はわりと否定的なので、なんというか、若手にもっと必死になってほしいし上の人たちのことをもっと見て勉強して盗んでほしいって思うわけです。

そもそもが実力よりも顔やパフォーマンスで選ばれるようになってきてしまっている昨今、声優の使い捨てがすごいから。

生き延びるには、やっぱり実力をつけるしかないから。

せっかく夢の職業を手にできたんだから、ちゃんと伸びて生きてほしいじゃないですか。

 

と、本当にBBAのようなことを考えながら見ていた総選挙でした。

ひとつ、文句をつけたいのは生駒ちゃん。

あれがあの番組で彼女に求められていた役割だというのは重々承知しているから、別に森川さんに名前呼ばれてきゃっきゃしてたり「日本中の女子がお世話になってる」発言も別に構わないし気にならなかったけど、古川さんがエースだって知らないってのはマジで許せん。

それでよくオタク名乗れたもんだな!!!!

あと、大御所へのリアクションが低いわりに、森久保さんとか賢章センセーへのリアクションが高くて黄色いのも許せんでした。

別に一般人ならそれでいい。でも仮にもテレビに出る公人なのだから。オタクならオタクなりに、そしてそういう番組に出るならば尚更、勉強しようぜ?

って思ってしまったしおさわでした。

 

はー、やっぱ吐き出す場所があるのはいいなー!