読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言いたいことも言えないこんな世の中じゃ

言いたいことを言いたいように言うブログです。

カルテット 4話

今期、アニメもドラマもひっくるめて一番楽しみにしているのが「カルテット」です。

まず、主演4人がみんな好きな俳優さんっていう時点でね、もう見ない選択肢はないですよね。

1話、2話、3話と見てきて、今週が第4話。

1話は全体の序章というか、こんな人たちが登場するこんな雰囲気のこんな世界観のお話ですよー、っていう話で、2話から各登場人物を掘り下げていく、流れとしては割と王道なかんじなので分かりやすくてありがたいです。

2話が別府さん、3話がすずめちゃんときたら、そりゃ4話は家森さんですよね。

今私が一番推してる俳優さん、高橋一生さんです。

あらすじとかネタバレを上手く書けないので特に内容については触れませんが、家森さんのバックボーンが分かって納得したら驚いたり楽しい第4話でした。

でもなんせラストシーンがアレだったから、もう次が気になって気になって仕方なくて!!

ここにきてサスペンス要素が強くなってきて急激にぐっと引き込まれる感じで来週が待てなくてつらい(日本語不自由)

真紀さんは何者なの?いったい何をしてきた人なの?夫さんはどうなったの?

気になることづくめで本当に次が待ち遠しい。

 

カルテットのセリフには結構ぐっとくるものが多くて、今までのところで一番心に残っているのは家森さんの「気持ちと言葉は違う」ってやつでした。

確かに、人間って複雑にできているせいか、気持ちのままを言葉にすることって少ないのかもしれないと思って。

特に恋愛に関しては家森さんのおっしゃる通りだなって。

好きな人には会いたいって言うし、会いたい人にはご飯行きませんかって言う。

恋愛ニートな私が言えたことなんて何もないんですけども、恋愛は駆け引きだから、余計にそうなんだろうなって。

あとはやっぱり、「みぞみぞする」。

積極的に使っていきたい。

 

カルテット見てると、やっぱり雪のある風景はいいなーって思います。

一回でいいから、ああいうロッジみたいなところで暮らしてみたいなぁ。

手入れとか大変そうではあるけど。

ノーマン・ザ・スノーマン

昨日、池袋の満天に行ってきました。

見たのは「ノーマン・ザ・スノーマン」というプログラム。

しばらくプラネタリウムって行っていなかったんですが、最近また再熱してコニカミノルタの今やってるプログラムは3つのうち2つ見てまして、これが最後のプログラムです。

最初に見たのは「イルカの星」というヒーリングプログラムで、アロマの香りに包まれながらストーリー仕立てのプログラムを見るという感じのもの。

他のプログラムより若干価格も高くて大人向け感がより強いんですが、ヒーリングというだけあってとにかく眠気誘われまして。

仕事終わりに行ったのも良くなかったんだな。

ナレーションが細谷さんだったので楽しみにしてたんですが、ナレーションパートはすごく少なくて、声目当てでいくとちょっと物足りない感じ。

それで次に見に行ったのは「宇宙に咲く星たちへ」。

完全に高橋一生さん目当てで行ったんですけど、そもそもがSuperflyの楽曲とコラボするというところがメインのプログラムというのもあって、こちらもナレーションパートはそんなになく。

これも声目当てで行くと物足りないかなぁ。

でも楽曲は割と有名な知っている曲ばかりだったので、それはそれとして結構楽しめました。

 

そして満を持して、「ノーマン・ザ・スノーマン」を見てきました。

これは人形アニメの映像作品でして、さっくりストーリーを説明すると、ヨーロッパのとある町に住む少年が、雪だるまのノーマンと一緒に流れ星を見るというお話。

もう少し詳しく話すと、ノーマンというのは少年が作った雪だるまなんですが、動くし喋るしの不思議な雪だるまで、毎年雪が降った時にだけ会える少年の友達なんです。

かつて大規模なしし座流星群の観測されたこの町で、再び流星群を見られる夜が訪れることになり、ノーマンと一緒に流れ星を見たい少年がちょっとした冒険をする、といったお話でした。

ちなみにオタク的な情報を追加すると、このノーマンの声を吉野裕行さん、少年が冒険の途中で出会う不思議な青年の声を梶裕貴さん、ナレーションを野島裕史さんがやっております(池袋だし、声目当てのお客さんがさぞ多かろう)

人形アニメの出来がとても良くて、人形の表情の変化もよく表現されていたし、ノーマンの動きも可愛く、雪の質感もすごくきれいに表現されていてとても良かったです。

お話も、30分くらいかな、短いんですけど、短い中でもしっかりした物語ができていて、起承転結も分かりやすくて見やすかった。とてもほっこりしました。

で、お話だけかなぁと思っていたら、本編が何となく終わったあとに、少年とノーマンの会話という体で少し12星座のお話が入って、きちんとプラネタリウムとしての要素も盛り込まれたプログラムだったので、星を見たい気持ちも満たされまして。

今のコニカミノルタのプログラムの中では一番好きなプログラムでした。

終わったあと、満天ショップを眺めるのが好きなんですけど、うっかり買ってしまいました。

f:id:shiosawa:20170205173532j:plain

ノーマンのマスコットぬいぐるみ。

かわいいんだこれが。

1日限定30個の販売だそうなので、欲しい方はお早めに!

 

前々から思ってたけど、こういうところで売ってるぬいぐるみって値段のわりに出来いいですよね。オタク向けグッズ見慣れてるとすごいなって思う。

 

 

そういうわけで、「ノーマン・ザ・スノーマン」とってもいいプログラムでした!

気になった人はぜひ行ってみてください!

planetarium.konicaminolta.jp

5月までやってるみたいです^^

柴君語り【BL語り】

最近のしおさわ的沸騰ワードいえば、誰が何と言おうと柴君。

寝ても覚めても柴君のことばっかり考えて職場でもにやにやが止まらない非常事態。

 

そもそもDAYSご存知ですか?

1990年前後生まれならきっとホイッスル!は知ってると思うんですが、ホイッスル!で青春を過ごした人間にはたまらない作品なんですね。

全体的に雰囲気だったりストーリー展開だったり人間関係だったり似ているところがあって割と作品世界に入りやすいんです。

すごーーーーーく簡単に言ってしまえば、サッカーが下手だった主人公が周囲に刺激されて成長していく物語。

ホイッスル!でいえば、立ち位置的にはつくしが風祭で、風間は水野とシゲを足して2で割った感じ。

あとキャラクターでいえばダイヤのAと似たところがすごくある印象。

水樹は完全に哲さんだし、臼井は声のせいもあるけど御幸とか亮さんとかをミックスした感じ。犬童は稲実っぽい感じ。とか。

 

そんなわけでとにかく作品的にもぎゅんぎゅん刺さってくる感じなんですが、中でも柴君は特にもう美味しくて美味しくて。

そもそもが釣りワードだらけなんですよね、柴君って。

同級生。幼馴染。犬猿。ピッチ上での相性は抜群。ライバル。身長差約20cm、体重差20kg。

さらに個々のキーワードも釣りだらけ。

残念イケメン。黒髪美人。脳みそ筋肉。オフの時はメガネ。金持ち。貧乏。バカ。秀才。とか。

基本的に2人の持っているものが真逆なのでそこも大変おいしいんです。

さらには君下くんの「喜一」呼び。そこ下の名前かーーーーい!!!キーチマンは君下呼びなのに!!!

柴君語り始めると語彙力が下がりまくるので、基本的に「君下くんかわいい」とか「キーチマンさいこうかよ」とか「君下くんがエロいのがいけない」とか「キーチマンいいぞもっとやれ」とかそんなことばっかりになってしまうんですけど、

私は柴君においてエロは必須だと思っております。

なぜか。

君下くんが素直じゃないから。

君下くんは最強のツンデレで言って美人ってタイプではないので(いや私の目には超絶美人に見えるんだけどね?)、どんなに言葉や態度で示されても素直にそうとは思えないタイプだと思うわけです。

だから「好きだ」「愛してる」って10回言われるよりも、1回ヤるほうが君下くんには向いてるんじゃないかなって思うわけです。

そしてさらにキーチマンなので、なんせバカなキーチマンなので、頭より体が先だと思うんです。

多分頭より先に体が反応して、ヤることヤってからようやく理解が追いつくんじゃないかなって。

だから柴君においては両思いになるより前に体の関係はあるんじゃないかなと思うんです。

セフレみたいな関係を続けてから徐々にその居心地の良さにズブズブはまって、気付いた時にはもう離れられなくなって両想いめでたしめでたし、っていうのが理想。

有難いことに、支部にある柴君ってそういうかんじのが多いんですよね!(母数はそんなに多くないんだけど!残念なことに!!)

貞操観念ゆるゆるな柴君も嫌いじゃない。

何の因果かうっかり同居始めちゃう柴君も嫌いじゃない。

結構両片思い気味なんです、柴君って。喜一はバカ故に言葉が足りなくて、君下くんは頭がいい故に言葉が足りない。すれ違って勘違って一周回ってお互いのところに帰ってくるみたいな。そんな感じ。

不意に大事にされて真っ赤になる君下くん最高。

何かの作品でキーチマンが「君下がかわいいのがいけない」って言っているのに激しく同意。

君下くんがエロいのがいけない。全部全部君下くんのせい。

本当になんせ君下くんてばエロいんですよね!!セクシーとかそういうんじゃないけど、色白だったり、筋肉つきにくそうな体つきだから絶対腰細いし、あの切れ長の目もずるい。

柴君を見るときって、なぜか目線が喜一になります。

なんというか、分かるよ君下くんかわいいよな、たまんねぇよな、って同意したくなるというか。

悶々としてくると、もう早く君下くん幸せにしてやれよ喜一頑張れよ…って気持ちになる。

 

なんかまとまらないのでそろそろ終わりますが、最後にこれだけ。

君下くんがエロいのがいけない。

 

そろそろ水臼にも手を出したいと思います。あーDAYS沼。

はてなブログはじめました

ずっとアメブロだったけど、UIに飽きてきていたこともあって乗り換え。

オタクなことだったりそうじゃないことだったり、色々思うことができたら書きにきます。

基本的には声オタなので、アニメのことでもなんでも声オタ目線からになりがちです。

仕方ない。

しかも若手にはちょっと辛口め。声オタBBAですみません。

 

※一応…

二次元ほも大好物です。

ほも語りも多いと思います。

そういう記事にはタイトルにちゃんとBLって書くようにします。

 

 

とりあえずまず今書きたいのは、

先日、ようやく録画してあった声優総選挙見ました!

テレビ局の企画だから、人選にとても作為を感じますと思いながら見ていたんですが、ランキングには少々納得いかないところがありつつもやはり大御所声優のみなさんはすごい。

演技力もそうだし、お芝居に対するスタンスだったり作品に対する姿勢だったり、今の若手とは根本的に違うところがあるなぁと感じました。

かつて声優というのは、声優になろうと思ってなるものではなくて、役者をやっていてたまたま声優をやってそのまま声の演技が専門になった、という方が多かったと思います。実際そうだったって話も聞きます。

だからまず声優という職業に対する思いや向き合い方も違うんだと思うんです。

長く第一線にいる方々は「お芝居」というけど、若手は「演技」というのも、そういう違いかなって。

別にそれが良いとか悪いとかそういうのはないけれど、なんですかねぇ…ここ最近の声優のタレント化に私はわりと否定的なので、なんというか、若手にもっと必死になってほしいし上の人たちのことをもっと見て勉強して盗んでほしいって思うわけです。

そもそもが実力よりも顔やパフォーマンスで選ばれるようになってきてしまっている昨今、声優の使い捨てがすごいから。

生き延びるには、やっぱり実力をつけるしかないから。

せっかく夢の職業を手にできたんだから、ちゃんと伸びて生きてほしいじゃないですか。

 

と、本当にBBAのようなことを考えながら見ていた総選挙でした。

ひとつ、文句をつけたいのは生駒ちゃん。

あれがあの番組で彼女に求められていた役割だというのは重々承知しているから、別に森川さんに名前呼ばれてきゃっきゃしてたり「日本中の女子がお世話になってる」発言も別に構わないし気にならなかったけど、古川さんがエースだって知らないってのはマジで許せん。

それでよくオタク名乗れたもんだな!!!!

あと、大御所へのリアクションが低いわりに、森久保さんとか賢章センセーへのリアクションが高くて黄色いのも許せんでした。

別に一般人ならそれでいい。でも仮にもテレビに出る公人なのだから。オタクならオタクなりに、そしてそういう番組に出るならば尚更、勉強しようぜ?

って思ってしまったしおさわでした。

 

はー、やっぱ吐き出す場所があるのはいいなー!