言いたいことも言えないこんな世の中じゃ

言いたいことを言いたいように言うブログです。

カルテット 4話

今期、アニメもドラマもひっくるめて一番楽しみにしているのが「カルテット」です。

まず、主演4人がみんな好きな俳優さんっていう時点でね、もう見ない選択肢はないですよね。

1話、2話、3話と見てきて、今週が第4話。

1話は全体の序章というか、こんな人たちが登場するこんな雰囲気のこんな世界観のお話ですよー、っていう話で、2話から各登場人物を掘り下げていく、流れとしては割と王道なかんじなので分かりやすくてありがたいです。

2話が別府さん、3話がすずめちゃんときたら、そりゃ4話は家森さんですよね。

今私が一番推してる俳優さん、高橋一生さんです。

あらすじとかネタバレを上手く書けないので特に内容については触れませんが、家森さんのバックボーンが分かって納得したら驚いたり楽しい第4話でした。

でもなんせラストシーンがアレだったから、もう次が気になって気になって仕方なくて!!

ここにきてサスペンス要素が強くなってきて急激にぐっと引き込まれる感じで来週が待てなくてつらい(日本語不自由)

真紀さんは何者なの?いったい何をしてきた人なの?夫さんはどうなったの?

気になることづくめで本当に次が待ち遠しい。

 

カルテットのセリフには結構ぐっとくるものが多くて、今までのところで一番心に残っているのは家森さんの「気持ちと言葉は違う」ってやつでした。

確かに、人間って複雑にできているせいか、気持ちのままを言葉にすることって少ないのかもしれないと思って。

特に恋愛に関しては家森さんのおっしゃる通りだなって。

好きな人には会いたいって言うし、会いたい人にはご飯行きませんかって言う。

恋愛ニートな私が言えたことなんて何もないんですけども、恋愛は駆け引きだから、余計にそうなんだろうなって。

あとはやっぱり、「みぞみぞする」。

積極的に使っていきたい。

 

カルテット見てると、やっぱり雪のある風景はいいなーって思います。

一回でいいから、ああいうロッジみたいなところで暮らしてみたいなぁ。

手入れとか大変そうではあるけど。