言いたいことも言えないこんな世の中じゃ

言いたいことを言いたいように言うブログです。

2017年の映画 統括

さて。気付けば2017年も大晦日を迎えました。
毎週聞いているラジオ番組を聞きながら書いてます。
オタクのブログなのにいつまでも電車のグチブログがトップで申し訳ない気持ちでいっぱいだよごめんなブログ…

 

そんな今夜は、2017年に見た映画をざざざっと振り返ってみたいと思います。
映画館に行ったものとレンタルやVODで見たものまとめて、簡単な感想とともに順を追ってまいります。

 

1. 虐殺器官

今年の一発目は2月の虐殺器官だったんですね。
こちらの感想は長々記事にしたのでご興味があればこちら。

shiosawa.hatenadiary.com


shiosawa.hatenadiary.com


10月にBDが届いて早速見ましたが、やっぱいい作品だったなぁ。
好みは別れるのかもれないですけど、やっぱり私は好きです。
一つ、この作品に限らないんですが、映画って結構暗いシーンが多くて、家で見ていると明かりのせいで画面がほぼ真っ黒状態になりがちなので、家で見る時は部屋の明かり消してカーテン閉めて映画館に近しい環境を作って鑑賞するのがオススメです。
虐殺器官も結構暗闇っぽくなるシーンがあるので、リビングで明るい中で見てたら何が起きてるかさっぱりになっちゃって^^;

 

2. 彼らが本気で編むときは、

2発目はこれ。生田斗真さんに釣られて観に行ったわけですが、これもいい作品でした。
同性カップルが中心のお話なんですが、全然いやらしさとかセクシャリティな感じがなくて、ごくごく自然なヒューマンストーリーという感じで受け止められました。
いわゆる性同一性障害を持つ男性と彼を好きになった普通の男性のカップルで、そういう障害を持つ人特有の壁や悩みにぶつかりつつも、子供というクッションを挟みながら丁寧に日々を生きていく姿が描かれていて、映画の中で流れる時間が穏やかで優しくてほんわかした気持ちになった覚えがあります。

 

3. デジモンアドベンチャーtri. 第4章

これも散々な感想ブログ書いたからいいか。
詳しくはこちら。

shiosawa.hatenadiary.com


ちなみに第5章は観に行きそびれました。公開日チェックし忘れてた。
いずれVODのレンタルで観ます…ちらっと感想眺めてみたんですが相変わらずっぽいですね。ある意味楽しみです。

 

4. 植物図鑑

これは飛行機の中で見たんですけど、なかなか糖度高くて胸焼けしそうでした。
原作本をこれの少し前に読んでいて、本のほうもなかなかな甘さでしたけど、キャストさんの力によるところもあるとは思いますが、映像になるとより一層甘かったですね。激甘。
若いなぁ…若いよなぁ…こーゆー気持ちないわぁ…って思いながら、ブラックコーヒー飲みつつ観る感じです。
まぁ最近の日本の映像作品てドラマも映画もこういうラブストーリー減ってるし、たまにはいいかもしれないですね。

 

5. 美女と野獣

なんというか、これはまさにミュージカルっていう感じでした。
歌がないと物語が成り立たないんじゃないかっていうレベルで、歌がとても重要な要素となっている作品という印象。
基本のストーリーはディズニーの美女と野獣をほぼほぼ忠実になぞっている感じなので、そういう意味での違和感はまったくなかったです。
何よりエマ・ワトソンが美しい!!めっちゃきれい!!
あとすごく歌が上手でした。ちょっと意外だった。
歌を聴くためだけでも観る価値のある映画だったと思います。

 

6. 眉山
7. 八日目の蝉
8. 阪急電車
9. 初恋

このあたりはVODで観たんですけど、少し前の邦画って結構好きな作品多いんですよね。
眉山とかは特にそうですね。
松嶋菜々子大沢たかおも大好きな俳優さんなので、俺得でしかない作品です。
どれも静かでしっとりした作品ですね。そういうのが好みなんですね。
ちなみに阪急電車はブログにも書いていたみたいです。

 

shiosawa.hatenadiary.com

中谷美紀がめっちゃ良かった。


10. ちょっと今から仕事やめてくる

特別観に行きたいと思ったわけではなく、何となく観に行った映画でした。
観て損したとは全然思わなかったけれど、まぁ役者が好きならいいんじゃない?っていうくらいの感想で、すっごいオススメしたい!ってほどではなかったかなぁ。
そもそもが仕事つらくて自殺を考えるという気持ちがあんまり分からないタイプの人間なので、あんまり共感ができなかったんでしょうね。
たまに、仕事のせいで自殺してしまう人の心境というのをネットコラムやTwitterで見かけたりして、なるほどと分かったような気はするんですが、理解までは及んでいないと思います。
死ぬ前に辞めればいい、って思ってしまうし、実際、「ああ、もうここでは働いていられない」と思って転職をしたので、自分を追い込んでまで仕事を続けてしまう人の気持ちは、私には分かりません。
そういうのは個々人によって捉え方、感じ方、考え方にかなりの違いが生まれる部分だから、一概にどうとも言えないし、自分の意見を押し付けるようなものでもないし、ただ、「そういう人がいるんだな」というのを分かっておくというのが大切なのかなぁと思っています。
話がそれました。
この映画、正直終盤の展開はイマイチついていけなかったところがあるし、福士蒼汰くんの正体も何となく察しはつく感じだったし、可もなく不可もなく、ってとこですね。
ただ福士蒼汰くんはカッコ良かったので、彼が好きなら観て損はないと思いました。

 

11.22年目の告白 私が殺人犯です

これは完全に藤原竜也に釣られて観に行ったやつですね。
サスペンスがあまり得意ではないのですが、面白かったな~!
他の人の感想を漁っていたら、賛否両論はあるみたいで、サスペンス好きだという人の感想を読んでいたら展開に無理があるとかミエミエすぎてつまらんとか色々書かれていましたが、普段サスペンスを観もしない読みもしない人間としては素直に面白い展開だなって思えました。
いや~~~~仲村トオルさんね!!なるほどね!!
結構エグいシーンもあるので痛いのが苦手な人にはちょっとキツいかもしれませんが、そこは薄目とかで我慢してもらって。笑。
キャストさんの演技が素敵だったし、個人的にはストーリーに無理も感じなかったし、いわゆる“衝撃のラスト”だったし、最後までハラハラドキドキしながら観れました。
藤原竜也が好きなら絶対観るべき。

 

12.Free! Timeless Medley -約束-

これはもう。ブログ書いてるのでこちらで。

shiosawa.hatenadiary.com

先日BDが届きまして。
早く観たい。

 

13.パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊

正直あんまり内容に対しての感想はないんですけど、面白かったは面白かったです!
シリーズ観てきているならば観て損はないし、ジャックの少年期~青年期が観られるのでそこは良かったかな。
ジョニー・デップのあれは特殊メイクなのかな?ちゃんと若くなっててすげー!って思いました。
でも、初期の頃から比べるとさすがにジョニー・デップも年取ったね!って感じでした。笑。
なんか続編がありそうな終わり方をしていましたね。続きあるのかな。

 

14.シン・ゴジラ

レンタルで観たやつですね。
ゴジラクソ気持ち悪かったなぁ。笑。
初代ゴジラを観て育った私には、やっぱゴジラとは別物のように思えてなりませんでした。

 

15.劇場版ポケットモンスター キミにきめた!

これはめっちゃ良かった!!!
まさに我々ポケモン初期世代を狙って作られた作品だったんだと思うんですけど、いや良かったよ…サトシとピカチュウの出会いから新しいポケモンの流れも織り交ぜつつ、なかなか良いストーリー展開だったんじゃないかと思います。
個人的に推しポケモンであるフシギダネの活躍がほとんどなかったのは残念でしたが、金銀まで通信で使いまわしていたリザードンが超大活躍してくれたので大満足です。
もう一回観たいレベルで良かった。

 

16.打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

これもブログ書いてるのでこちらで。
今年見た中で一番損したと思っている。笑。

shiosawa.hatenadiary.com

 

17.告白
18.ユリゴコロ

告白はVODで観ました。思ってたよりも怖くはなかったですが、湊かなえ感すごかったな。
ユリゴコロは劇場で。
内容は、思っていたよりもヒューマンストーリーだったなって印象です。
リスカのシーンとか、殺人シーンとかはそこそこエグくて、前述の通りサスペンスが苦手で痛いのが苦手な私には少々つらい感じだったんですけど、吉高由里子がすごくてなぁ…
ドラマのラブシャッフルが初めての吉高さんだったんですが、ちょっと感情が欠如しているような役やると上手いですよね。表情の演技が特に。
無意識に引き込まれる。
松山ケンイチもすごく良かったです。
感情が狂っている人間と、人生を狂わされた人間と、その息子のヒューマンドラマ。
現代と過去を行き来しながら進むストーリー構成なんですけど、現代パートのほうがちょっと惜しい感じだったかな。
過去パートがとても良かったので、現代パートももうちょっと丁寧に描いてほしかった感。
でもいい映画でした。個人的には結構好きです。

 

19.弱虫ペダル Re:GENERATION

これは友人にそそのかされて観に行ったんですけど、まぁよくある総集編ですね。
ただの手嶋純太祭りだったので、手嶋さんと岸尾さんが好きな人は観に行くべき。
当時、真手がめっちゃ高まっていた私にとっても大変に美味しい映画でした。
ごちそうさまでした。

 

20.亜人

実写版のほうですね。
あまり期待してなかったんですが、思ったよりも良かったです。
何というか、原作のエッセンスを抽出して別の料理に調理した感じ。
亜人というものに関する核となる要素は残しつつも、キャラクターの設定や関係性を少しアレンジしていたり、そもそも登場人物がすごく絞られていたりして、アニメとは全く別物になっている印象でした。
まぁ時間との兼ね合いもあるでしょうし、描くものを必要最小限に絞ってそこをきっちり描くという姿勢は個人的にはとても好感が持てる作り方だなって思います。
漫画やアニメの実写化作品としてはとても優秀なほうではないでしょうか。
アクションも結構頑張っていたし、キャストさんの演技も良かったです。
特に綾野剛ね。
喋り方とか声とか、芳忠さんに寄せてたのかな?
年齢的にどうかなって思っていたけれど、予想以上に違和感がなくてすごかったです。
あと個人的には、城田優さんのスタイルの良さが半端なくてシルエットが美しすぎたので、ぜひそこに注目して観ていただきたい。

 

21.ショーシャンクの空に

VODで観ました。
随分前に友人にオススメされていて、そういえばと思い立って観てみたんですけど、確かにいい映画だった。
無実の罪で捕まった主人公が刑務所で希望を捨てずに強く生きる姿を描いた作品なんですが、ジャケットからイメージするよりも明るい映画で、終わり方もある種のハッピーエンドなので、ビジュアルイメージとかで敬遠している人には騙されたと思って見てみてほしいです。
同じ刑務所ものだとグリーン・マイルとかありますけど、あちらよりもずっと明るい印象ですよ。

 

22.特別版 Free! Take Your Marks

そっかこれブログ書いてなかったか…
個人的な日記にはすごく端的な感想が残されていたので転記します。

宗凛と宗百に感謝、鮫柄に感謝。
みんな可愛かったしカッコよかった。
ハイスピ組もたまらんかった。
宗介良かったな…がんばれよ…!

兎にも角にもみんな可愛かったよね。
鮫柄最高にかわいかったよね。百がいて本当に良かったよね…宗介ぇぇぇ…
3期楽しみだな。

 

23.劇場版 はいからさんが通る 前編

これもブログ書いてなかったですね。
個人日記には書いてあったので、そちらに書いてあった感想を簡単にまとめてみますと、原作がなかなかに古い作品なので、作り方とかが今風じゃないなっていうのが最初の感想で、でもストーリー構成が分かりやすくてテンポも良くて、これはこれでいいなって思いました。
劇場版ならこれくらいスピーディでもいいのかも、と。
心理描写があまりないのでところどころ「おや?」って思う場面もあるんですが、テンポがいいし軽い感じがあるのでさらっと受け入れられてしまう感もあって、全体的に良かったです。
キャスト的な話で言えば、宮野さんの王道イケメン王子様キャラとか梶くんの可愛い系キャラとか久しぶりに聞いたので、大変に耳福でした!
そして昔から好きな早見さんも安定の早見さんてとても良かった。
後編も楽しみです。

 

24.GODZILLA 怪獣惑星

これは推しキャストがこぞって総出演していたので、使命感の下に観に行った映画です。
「あ~!虚淵~~!!」っていう。
救いの見つからない鬱エンドでどうしたらいいんだと思っていたら、次回があるという。もう観に行かなきゃいけないじゃつじゃんね。
くそ。
内容のほうは結構好きな感じでした。
余計な要素がほとんどなくて、限られた時間の中でも世界観がきっちり描かれていて、実写映画を観たような満足感のある作品でした。
何よりもキャストの演技が本当に素晴らしくて、メジャーなキャストしかいなかったので何の心配もなく観ていられるのはさすがだなと思いました。
小野大輔さんが特に良かった印象で、サブメインのどちらかというと嫌な奴に分類される立ち位置のキャラクターだったんですが、上手かったなぁ…
最近の小野さんはど真ん中よりもこういうサブ的な位置にいることが多いイメージなんですけど、やっぱりこの人いい声だなって改めて感じます。
上手い。
この世代でここまで生き残っている人っていうのは、やっぱそういうことなんだなって思いました。

 

25.DESTINY 鎌倉ものがたり

劇場鑑賞としては今年最後の作品になりました。
鎌倉の雰囲気が画面から溢れてくるようで、ほんわかほっこりした気持ちになります。
黄泉の国のところはほとんどがCGだったそうですが、なんとなくジブリ感があって、こちらもやっぱりほっこりして、美術さんの技術に脱帽。
物語は割とラブストーリーでした。
高畑充希ちゃんがかわいくて。
大きな山があるかといわれるとそうでもないんですが(戦闘シーンは派手ですけどね)割と日常に寄せた内容で、その中で小さな谷や山があって、結構飽きずに最後まで観られます。
エンディングで流れる宇多田ヒカルの「あなた」がまたしんみりじんわり沁みてきていいんだよなぁ…
キャストが嫌いでなければ観てみてほしい作品です。

 

26.箱入り息子の恋

dTVでクリップしてたんですが、配信が今月までってことだったので昨日観てみました。
うーん、正直あんまり感想はない。笑。
普通に考えたらこんな35歳の男いやだもんね。笑。
興味のある方は感想とかwikiとか漁ってみてください。

 

 

こうしてみるとそこそこ映画観てますね!
今年一番とか、そういうの決めるのは苦手なのでありませんが、邦画が多いのに自分でも驚いています。
昔は洋画のラブコメばっかり観てたんですけどね。
眠くなってきたのでここまでにします。
来年も色々映画観るぞー。